1. トップページ
  2. 年賀状作成にかかる費用と時間

年賀状作成にかかる費用と時間

【出す数】70枚32歳・女性

前は、手書きで1つずつ書いていたので、一か月ほど前から取り掛かって少しずつやっていましたが、手書きの年賀状の飾りつけにつかうシールやスタンプ等に結構こだわって作っていたので費用が高かった事と、手間がかかり過ぎたことから、今はパソコンで作る方法に変えました。そのおかげで手間も少なくはなりましたが、一言は手書きで添えたいと思って書いているので、結局2週間ほどは掛かってしまいます。

【出す数】40枚40代・女性

自宅での印刷になるので、毎年インク代に2000円位かかることもありますが、全部のインクを使用する訳ではないので、インク交換する場合のみかかります。休日の時間に余裕がある日に、数パターンの年賀状のレイアウトを作るのに3日間位かかる時があります。家族のリクエストなども聞くと、1週間程かかってしまうので、正直時間もかかり面倒な時もあるのですが、毎年渡す相手のことを考えながら、楽しみながらやるようにしています。

【出す数】40枚ぐらい30代・女性

年賀状にかかる費用は、だいたい1枚当たりハガキ代を含めて、7000円ぐらいです。11月ぐらいになると、どこのネットで頼むか検索し始めて、早割が聞く時期頃までには注文しています。デザインを選んだり、自分で編集したりするのは好きなのであまり苦に感じません。

【出す数】35枚50代・女性

今年のお正月までは年賀状のハガキが52円でしたが、今度からはハガキの値段が値上がりになったので、1枚62円になってしまい、350円高くなります。日数はギリギリになるまでやらないので、やり始めたら早く仕上げます。

【出す数】45枚43歳・女性

費用は無地の年賀はがき@52×50枚手間は趣味の一環なので苦にならない。まわりでは皆面倒だというので頼まれて友人、家族の分もテンプレート作成しています。費用についてはインク代金が意外にかかるところです。ですので家族にはインク代金をもらって印刷までしてあげております。

【出す数】70枚40代・女性

費用は、ハガキ代とインク代含めて「5000円」前後です。書き損じ・印刷ミスもあるので少しゆとりを持って購入しています。大変なのは、絵柄を選ぶ事です。贈り相手によって何パターンか分けています。楽しいけれど、インターネットのサイトを何件も探すので少々大変です。2週間ほど悩みます。決まってしまえば、後は印刷するだけなので楽です。

【出す数】家族全部で80枚位40代・女性

家族分(3人)でだいたい2日かけて印刷しています。前もってどのイラストにするかを決めてもらい、1日目はイラストの印刷、2日目は宛名印刷をしています。筆ぐるめを使っているので最初の宛名の入力は面倒だけど、入力が済んでいればその後は訂正する位でとても楽に印刷が出来ます。毎年の事なので面倒には感じますが、労力自体はそんなに苦になりません。

【出す数】50枚32歳・女性

費用は3000円くらいです。印刷のインク代は夫のプリンターを使っているので、気にしていないのでわかりません。日数はデザインを決めるまでに1週間くらいかかります。そこからは3日くらいです。手書きだと大変ですが、印刷にしてからはとても楽になりました。

【出す数】50枚30代・男性

費用はイラストがない普通の年賀状なため、結構安く済んでいます。イラストを一度描いてしまえば、後は全部印刷なので、どういうものを描くかというのに一番労力を費やしてると思います。とはいえ、それも普段の生活の隙間時間に考えている程度なので、そこまで手間ではありません。

【出す数】50枚24歳・女性

3日間、で費用は800〜1000円で収まります。トータルで10時間くらいは作業をしています。やはり、いつもはプライベートな時間なので大変と感じますが、これで人の縁が繋がると思い、他の方の年賀状を想像しながら楽しいと感じて作業しています。

Copyright (C) 2017 年賀状を出す人の意見 All Rights Reserved.